HOME コンセプト(Concept) 作品紹介(Gallery) イベント情報(Event Information) 家づくり豆知識(Knowledge of Housing) 会社情報(Corporate Information) お問い合わせ(Contact)

トップページ > 家づくり豆知識 > 日本の森林の現状
家づくり豆知識(Knowkedge of Housing)

リストマーク 木材のお話



リストマーク四角 日本の森林の現状日本の森林率
 日本の国土面積3778万ヘクタールで、3分の2を占める2512万ヘクタールが森林であり、森林率でいうと先進国の中で、フィンランドに次いで世界第2位であり、日本は世界でも緑豊かな国土を持っているといえます。しかしながら供給されている木材の約4分の3は外国からの輸入に頼っているいびつな状態となっております。
 戦後復興のため、木材の需要が急増し、それによって政府は拡大造林政策を行いました。しかし、昭和39年の木材輸入の自由化によって、高騰する国産材から、安くて大量かつ安定した供給のできる外材の方が需要が高まり、年々増加していった。これらの影響より、昭和55年頃をピークに国産材の価格が落ち続け、日本の林業の経営が苦しくなりました。昭和30年頃は木材自給率が9割を占めていたがし、今では2割程度に落ちてしまいしました。
 現在、間伐を中心とした保育作業や、伐採・搬出などにかかる費用も回収できず、林業は衰退してしまいました。仕事をしても採算が合わないため、林業経営者の意欲は低下し、若者は都心部へ雇用を求めるようになりました。このような林業離れによる後継者不足や林業就業者の高齢化、山村問題、限界集落と呼ばれる問題まで起こっております。日本の森林はこうしたことから、荒廃が進み、公益的な機能発揮できず、逆に台風の被害や、土砂災害を起こしやすくしています。
 今、拡大造林政策によって植林した木が収穫期を迎えていますが、伐採されないまま荒廃している森林がたくさんあります。収穫期を迎えた木を伐採し、植林し、育て、そして伐採するというサイクルを回す必要があり、このサイクルを回すためには、国産材を使用し、需要を高め、資金を山に還元する必要があるのです。これによって、林業の活性化、森林環境の健全化を図ることができるのです。

参考資料・出典〕
森林林業学習館「日本の森林」「日本の林業の現状」をもとに作成
木材のお話
日本の森林の現状
木材のエネルギーコスト
無垢材と合板
木の温かみ